海のにちようび

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝、第14回を視た。

<<   作成日時 : 2010/04/04 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回、とても感心したことがある。それは、セットの造りである。
まず冒頭の、岩崎弥太郎ウハウハ大宴会のシーンでは、ゆったりとした大広間を造っている。明治の大富豪にふさわしいシーンであり、しかも、全方向に向かってセットが広がっているのだ。
カメラのセッティングを変えるたびに、セットもあれこれ修正しただろうから、大変だな。
これって贅沢だよな。

そして舞台は移って、龍馬を追っかける大阪だ。
ヤボを承知で言うけど、いわゆる痛快時代劇では居酒屋が登場し、テーブル席が並んでたりする。あー、これって時代考証的には、アウトなんだよな。
龍馬伝の場合、客は長い床几にすわっている。
これが正しい。
そして、おそらく浮世絵を参考にしたと思われるが店先に品書きやら、スルメやらがひらひらと揺れている。
全体のイメージとしては庶民が集まるイメージにしており、いかにも世を忍ぶ者たちが集まりそうだ。だからこそ脱藩した龍馬を追いかける弥太郎たちが、ここへやってくるのだ。
画像


ストーリーとしては、龍馬がすっかり無法者というか、藩というヒエラルキーを超えた存在になっている。ぐわっと広がった視野に、何が見えてくるのか?
来週も楽しみです。
それではまた、テレビの前でお会いしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝、第14回を視た。 海のにちようび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる