海のにちようび

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由を手に入れた、と思った夜。

<<   作成日時 : 2010/04/06 23:21   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

インターネットで聞けるラジオがある。
数年前までは、わしはもっぱらイギリスやアメリカなど海外のステーションを聞いていた。
それらの多くはクラシックだけ、しかもモーツアルトだけ、北欧の作曲家だけとかジャンルを絞ったものが多い。WEBをとおして、クリアに海外のラジオがリラルタイムに聴けるって面白いと思った。
その一方、わがジャパンのラジオは電波放送にこだわっていたが、ついにWEB配信に踏み切ったのだ。

ラディコという名前で、東京・大阪のラジオ放送がWEBで聞けるようになった。
http://radiko.jp/

さっそく家に帰って、わが家のWiMAX回線からアクセスしてみたら、なぜか大阪の局だけが聞ける。
しかし、それってすごいことなのだ。もちろん雑音なんて一切ない、すっごいクリアな音質だ。
わしは広告屋だからすぐ思うのだが、大阪の広告主が、大阪エリア向けの料金でCMを放送したら、全国で聞いていただけるわけだ。
これは一見、無駄のようだけどWEB通販のことを思えば目がくらむほどにオイシイ。
そしてもちろん、番組の質も変わってくるだろう。
放送局には系列ネットワークという大人の事情があって、全国各地の放送局に番組を売ったり、買ったりというビジネスがある。
それが、まるでちゃらになるかも。また、地方でも良質な番組を制作すれば全国の方に聞いていただけるじゃん。例えば、そうカープを例にすると・・・広島県でしか流れないラジオで、カープの番組を作っても毎回聞いてくれる人の数には限度がある。それが全国レベルとなれば、広島県×47都道府県、が期待できちゃうのだ。
もちろん放送局自体も激しい競争になるだろう。でも、すごいぞ。

WEBが、ラジオの自由を作ったのだ。いつかは全国のラジオが聴けるようになるだろう。つまり、全国の人とラジオを通じて、交流できるじゃん。すごい、自由!

・・・と感動して、今日、事務所に行ったらバケツで水をぶっかけられた感じ・・・。
どーやら、わしが大阪のラジオを聴けるのはなんぞの間違いらしい。事務所のWEBは光回線なのだが、このラディコにアクセスしたら「あんたは余所の人やさかい、聞かせるわけにはいきまへん」とあしらわれた。
つまり今のところマイナーな、WiMAX回線だけがなにかの間違いでアクセスできたらしい。
このラディコって実は、東京の人は東京のラジオを、大阪の人は大阪のラジオをもっと聞くようにしちゃえ、ということなのだ。今時はみんながパソコンの前にいるので、そこへラジオを流してやれ、ということらしい。つまりラジオの機械から、パソコンへと、単に受信のデバイスを換えただけのこと。いったい誰が考えたか、頭の悪いやつらがいるものだなあ。

むう。日本の夜明けは遠い、のだ。

*なお、コミュニティラジオについては全国配信が始まっている。しかし、その多くがJーWAVEの番組配信を行ってる関係か、1日を通してオンエアしないで自社制作部分だけをぶち切れ状態で放送している。こっちもまだまだ、な感じである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自由を手に入れた、と思った夜。 海のにちようび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる