海のにちようび

アクセスカウンタ

zoom RSS マロニエと、わしら。

<<   作成日時 : 2011/05/28 01:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、平和大通りを歩いていたら思わぬ花に出会った。
マロニエである。長らく続いた水道工事の跡地に植栽されていた。
そう、花の都おパリをイメージしちゃうマロニエの、しかも赤い花だった(別の種で白い花もある)。
わたしはつねづね思うのだが、マロニエという柔らかな響きとは正反対にこの花はこってりとむつこい。
パリの街角を歩くと、それはもうがつんと深い香水につつまれた女たちとすれちがい旅情を誘われるのだが、そんな彼女たちにこそマロニエの派手な花は似合う。
でもね、わしらにはどうか。
以前から、ひろしま美術館の前庭には数本のマロニエが植えられており、これはね、フランス印象派を中心にコレクションしている美術館だからむつこいなりに似合う。
じゃけど、平和大通りにはどうか。
いや、マロニエには罪はない。おそらくどこかのこっぱ役人がよく考えずに、植樹させたのだろうな。
こいつらめ。わたしは平和大通りの植樹にはうらみがある。
平成3年の台風19号では広島市も多くの被害を受けたが、平和通りの植栽もダメージを受けた。その中で、わたしが愛してやまなかったミモザの大木があるものは倒れ、あるものは傾いだ。
それらミモザの木々を、当時の広島市はことごとく伐採したのだ。涵養を施せば復活できたかも知れない、あの美しかったミモザの木々をばっさりと皆伐である。
その恨みをわたしは今も忘れていない。なにが、今さらマロニエだ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マロニエと、わしら。 海のにちようび/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる