ロートレックを、見てきた。

あたたかな日曜日、ロートレックを見てきた。
ひろしま美術館でただいま開催中、「ロートレック・コネクション」展である。
その生涯をパノラマチックに構成していて、例えば最初に絵の師匠となった作家の作品を展示し、そこで彼が学んだ頃、どんな作品を描いていたかも同時に並んでいるなど、たいへんに興味深い。彼の絵描き仲間には、わしが大好きなアルフォンス・ミュシャがいて当時のでっかいポスターも展示されていた。

ロートレックはもう百年以上も前の画家である。油絵やリトグラフはもとより、ポスターなどの印刷物は長年の歳月で痛みやすい、それをちゃんと保管し、展示するだけでも価値があるのに、この美術館はロートレックという個性と才能を紹介しようという意気込みが感じられて良い展覧会だった。
わしはそんな、ひろしま美術館の学芸を大いに尊敬している。
これにひきかえ、すっかりダメなのが今の広島県立美術館である。デパートの催事場とどう違うのか?と行くたびに?なのだ。
そんな幻滅続きの県立美術館であさってからはムーミン展である、・・・まあ行くけどね。わしーはムーミンもその作者であるトーベ・ヤンソンも好きだから。

なお、ひろしま美術館が好きのなのは2月14日というなんだか知らないが世間がさわぎ、とくにデパートのチョコレート売り場が大にぎわいする今日、たった一人で美術館を訪れたわしに受付の方がチョコレートをくださったからではない。決してないのである。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

わるむし
2010年02月21日 03:18
ロートレックにはちょっとした思い入れがあります。よく晴れた火曜日、行ってきました。ひろしま美術館に入るのは初めて。県立美術館とは全然違う造りなんですね。ロートレック展の膨大な数。驚いた。ミュシャの絵も見られてよかったよかった。ただいかんかったのは昼休みに行ってきたってこと。同僚にも、はぁ?この昼休みに行ってきたんですかぁ?とびっくりされちゃった。でもちゃんと見てきたよ。けどやっぱりもう少しゆっくり見て、カフェにも寄りたいですよね。反省。
けんた
2010年02月21日 23:33
>わるむしさん
そんな、あなたには「ひろしま美術館マロニエカード」がおすすめです。このカード1枚で行き放題!
さて、ミュシャのポスターが観られたのはほんま、うれしかったですね。

この記事へのトラックバック