阪急電車、という本。

この本は、アマゾンの紹介によると「関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語」・・・。これじゃ、あんまり読む気がしないよな。
わしが学生の時、なぜか神戸にご縁があって何度か通った。阪神、南海、近鉄(わあ、プロ野球チームみたい)京阪、そして阪急。
それぞれのラインごとに雰囲気がちがって、なかでも阪急はおっとりした風情が印象的だったなあ。
そんな昔の風景を思い出しながら読んだのだが、面白い本でした。

同じ車両に乗り合わせた人たちが、じゅずつなぎでストーリーをバタンタッチしていくのだ。
呪いの結婚式、図書館で出会った恋のはじまり、同じキャンパスの二人、頑固なばばあ(大好きだ)などなど。どのストーリーも活き活きしつつ、それが阪急電車という舞台でうま~く連結している。映画の手法のひとつにグランドホテル方式というのがあります。でっかいホテルの中で、いろんな人たちの物語を同時進行に描くものです。この本はそれを阪急電車という1本の線路にぐいっとのばして、さまざまな人のドラマを描いたんだな-。線路のガタンガタンという音も聞こえてきそうな、とても映像的な小説です。

幸薄いわしとしては、毎日のように乗ってる白島線をだね、こんな風になんとか出来ないのか、広島電鉄くん!と、思わずPASPYを握りしめてしまうのだった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック