そんな土曜日だ。

夕暮れの街に出ると、ほわんと温かい風が吹いてきた。
昨日まではずいんぶんと寒かったが、春はもうそこまで来ているんだな。
梅が咲き、木蓮がほころび、桜の開花も告げられているけど、忘れちゃならないのが「筍」である。

画像


紙屋町の福本屋から、竹原の筍がとどいたとメールがあった。
それはもう行きますよ、わしとしては。
まずは春らしいスタンダードな一品、「筍の木の芽和え」である。ほのかにエグミを残しつつ、さくっとした歯ごたえが誠によろしい。そのあと、輪切りにして軽くたれをくぐらせた「筍のステーキ」をいただいた。
高知のさらっとしたお酒を舌の上でころがしつつ、夕暮れの土曜をくつろぐのだった。
そこで目についたのがこれ。

画像


ピエロのおっちゃんがパスタを喰ってる、・・・旨そうだなー。
よし、今夜は家に帰ってパスタなのだ、ったら、パスタなのだ。
で、つくったのがこれ、

画像


トマトとツナのパスタである。
ソースの作り方は簡単、ニンニクをオリーブオイルで香りを出して、缶詰のトマトを放り込む。
味の決め手に、白ワインをたぷたぷと注ぎ込んで煮詰めるだけ。
これでぐっと味にコクが出るのだ。
以前、おなじ醸造酒だから「清酒」でもいいのでは?と思って、たぷたぷと注いでみた。
その結果は、白ワインは→マンマ(イタリア語で母親、カンツォーネかお気に入りのアリアの一節を歌ってる)の味となる。
しかし、日本酒を入れると→おかん(見た目は天童よしみ、好きな歌手はもちろん氷川きよし)の味になってしまうのだ。
ソースに使った白ワインを飲みつついただくと、当たり前だけどよく合う。
それではみなさま、良い連休をお過ごしください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック