龍馬伝、第16回を視た。

うん、わりと良かったね。
序盤で、それはもう久方ぶりに龍馬に会えてうれしさ満々の佐那(貫地谷しほり)が良い。兄が龍馬に引きずられるように道場を出ていくとき、ぽてッとコケてしまう間の取り方がとてもナイス!この人は、芝居が上手くなったよなー。
画像

なのに、龍馬にとっては大変に重要な存在となる人物が、そのキャストの人の芝居がブーイングなのだった。
勝海舟の今も残されている写真を見ると、なるほど、さぞや意気のいい江戸っ子なんだなと思われるのだ。なのに、このドラマのキャストは、うーん、田舎っぽいとしか言いようがない。
ドラマの後半、龍馬を連れて咸臨丸に乗り込むシーンなんざ、その人ったらただニコニコしてるもんだから今にも「みどりのタヌキ、赤いキツネ!」とか叫ぶんじゃないかと心配したほどだ。

来週は、ダークサイドのフォースに染まった山内容堂が暴れるらしいので、楽しみである。
それではまた来週、テレビの前でお会いしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック