龍馬伝、第20回を視た。

例によって、またモノをもらった。へへへ。
画像

龍馬のイラスト入り缶ビールである。よし、こいつを飲んでテレビを見るぞ!と思ったら。
今回はなんと切ないのであろうか。
画像

一時の熱情に浮かされた平井の兄、その妹までも巻き込みながら、なんという結末を迎えたのだろう。とくに加尾は、龍馬との明日を誓いながら引きさかれたのである。
京都にいわば密偵として送り込まれながら、その役割さえも否定されたのだ。
今回は、ひときわ広末涼子さんの演技が冴えた。
自分は、そして兄は何のために働いたのか。失われた時を、二度と帰ってこない時を思い、心が慟哭する加尾を彼女は演じきったと思う。
ちょっと、この人を見直したのだ。

それではまた、テレビの前でお会いしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アッコ
2010年05月23日 19:49
龍馬のビール飲みながら龍馬を見る。
なんと贅沢

広末涼子さん、どんどん素敵な女優さんに
なっていきますね!

けんた
2010年05月24日 21:43
清く正しく、そして貧しくともガスを止められても美しく生きていると良いことに会うもんです。
広末涼子さんは、ほんと、このドラマで見直しました。これからが楽しみな女優になりましたねー。
そうそう、武市半平太の妻・富を演じる奥貫薫さんもいい!と思います。

この記事へのトラックバック