龍馬伝を、おかげさまで2日遅れて視た。

まさに龍馬、開眼!ですね。

先日の日曜はまぬけなことに見逃してしまったのだが、関係各位のサポートにより視ることができたのだ。
武市半平太のいちずにして、しかし半径5mしか見ていないのでは?とはいう狭窄な生きざまにけりがつき、その妻・冨のきりりとした美しさがきわ立った。

さて龍馬は、海軍操練所の仲間と集めて、こう言う。
「日本を洗濯するぜよ」。
このセリフのために、ここ数話にわたってこってりと回を重ねていたのですね。
その一方、京都の寺田屋ではお龍がタイミングを合わせたかのように、ぎこちないながらも笑顔をつくり、新しい自分に向き合おうとしていた。いいリズムが出てきましたね。

そして、ようやく、これまで封印していたのでしょう。
福山・龍馬は、はっきりと未来を見つめる表情を見せた。まさに、開眼なのだ。

来週からの予告編では、それはもう生まれ変わったような表情の龍馬がつぎつぎと登場している。
それではまたテレビの前でお会いしましょう。
こんどの日曜はいつものように午後8時です、それじゃまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック