龍馬伝、第30回を視た。

高杉晋作(伊勢谷友介)がいい。
画像

今回の冒頭は、山口県長府の巧山寺における高杉晋作の挙兵である。
写真に残っているとおり彼はざんぎり頭で、秀才で、剣術にも優れ、三味線をつまびき、上海に出かけてイギリスの植民地政策を目撃し、もう、なんだかわかんなくらいスーパーな人物である。それを、このキャストは同じNHKのドラマ「白州次郎」よりも、はるかにフィットし、上手く演じているのではないかと思う。
そして、長崎の芸妓・お元(蒼井優)がむずかしい役にチャレンジしている。
画像

なんたって売れっ子の芸妓で、クリスチャンで、長崎奉行所の密偵で、したたかで、しかしアンビパレンツな自分に悩んでいる・・・。そんなややこしい役柄に、今回を見る限り破綻することなくがんばってるよな。
ついでに、長崎の油問屋・大浦慶「余貴美子」がどっしりと上手い。
このドラマは要所で、かなめとなる役所を据えて引き締めている。シナリオというか歴史の解釈については、時としてあのな?と思うことも多いけど、ドラマとして面白い。今のところ、西郷どんの役者さんがちょっと役作りに迷ってるぽいけど、第3部はますますたのしみである。

それではまた来週、テレビの前でお会いしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さきちゃん
2010年07月27日 15:34
今思った
最近、会わないと・・・
けんた
2010年07月27日 23:59
>さきちゃんへ
あー、例の音楽会ですが、お客様にお配りするプログラムの構成案を考えてみました。これ、とりあえず宇品の音楽舎に送っておきますね。
まるこ
2010年07月28日 21:09
私も天満屋の地階でバッタリ以来かな?
お元気ですかー!

て、龍馬伝見てるからそんな気もせんねw
けんた
2010年08月01日 21:52
>まるこさん
わしは相変わらず、善ちゃんに通っております。
龍馬伝のお話、いつでもお相手させていただきますよ。

この記事へのトラックバック