龍馬伝、第39回を視た。

よく出来たドラマは、もしかして交響曲みたいなもんじゃなかろうか?
まず小さな音のテーマがさしだされて、そこへ次のテーマがからみ合い、いつしか大きなうねりとなっていく。そして、ひとつのドカーン!と大きなクライマックスを奏でるのだ。
そして今回は、まさにドカーン、だった。
海の上から龍馬たちが大砲を放ち、それが着弾する海岸をまるで気にもとめず歩く高杉晋作。
三味線を片手に戦場をゆうゆうと進み、がばっと刀をふるう。
むう、まるで映画並みの重厚かつスケール感のある映像が続くのだ。

なお、先週回はうっかり仕事をしてしまい、視てないのだ。
霧島初ハネムーン篇は、なんとしても、あとからでも、視ておこうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック