「あんじゅう」を読んだ。

最近、本を読んでも文字が頭のなかに入ってこない。
途中で読むのをやめてしまうのは、しょちゅうである。
もしかして、私はアホウになってしまったのか・・・と、不安であった。

しかし、そんな心配はこの一冊でふきとんだ。
宮部みゆき、「あんじゅう」。

画像


最初のページから、語り手の世界に引き込まれる。
心地良い言葉のリズムにつつまれて、江戸の町を舞台に物語のあやかしのゆくえを追いかけ、作者の手中でいいようにふりまわれるのがなんとも楽しい。
ひさびさに感じた、読書の喜びである。
ただひとつ、これは作者には一切、関係ないことだが、この本はシリーズの2作目なのであった。
続篇であることはすぐに気づいたけど、余りの面白さに読み始めたらとまらず、そのまま一気に読んでしまったのだ。
これはもう、とっとと1作目を読まなくては。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック