サンフレッチェ、初優勝、11月24日。

ついに、この日が来たのだ。
この夏あたりから、もしかしたら・・・という期待が本当になった。
試合前半は思わず声を出してテレビ観戦をしていたのだが、優勝の瞬間からはなにやらぼんやりとしてしまった。それから1日をあけて、いくつかの新聞報道を見てはあらためて胸が熱い。

高萩が、青山が、石川が点を決めた。これが素晴らしい。
試合終了後、なにかを祈るように胸に手を当てた高萩に泣いた。
青山がこの試合で得点したことは本当に素晴らしい。かつて槙野、柏木、駒野などが活躍する一方、不運な故障が続いてピッチに立てないことがあった。それでもサンフレッチェひとすじに9年、初優勝のゲームでシュートを決めたのである。
そして石川、佐藤寿人の指導を受けてがんばった。今年、石川が初めて得点をアシストした試合で、寿人はシュートした選手ではなく、まず石川にかけより、自分のことのように喜んだ。
その石川が、この試合でシュートを決めた。
プロパー、移籍組、新人、それぞれの立場にある選手が重ねた4得点。これが優勝戦というものなのだろう。

優勝おめでとう。
そして、この1年応援し続けたサポーターの皆さんに心からエールを贈りたいと思う。

画像


*この写真をよく見ると、森保監督のうしろにいるのは、去年までの守護神・GKの下田ではないか。現在はGKコーチである。いい顔して、喜んでるよなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック