今年も、梅見の茶会へ。

2月10日は、縮景園で梅見茶会があった。
庭園のあちらこちらに着物の方が行き交い、あでやかなものだ。
およそ百本の梅があるという梅林へ、そこで甘酒をいただくのが楽しみである。ちょうど日差しも暖かく、背中にぽかぽかと太陽を感じつつ、甘酒をすするのは極上のひとときである。

画像


ただ、少し残念なことに私はここで知り合いに会ったことがとんとない。なぜ、みんな行かないのだろう。早春の休日に、最高のひとときが楽しめるのになあ。