日豪戦・・・、不可解なジャッジ。

日本もオーストラリアも、良いプレイをしたのではなかろうか。
あの時、その時、という瞬間もあったがまさに拮抗した戦いであったと思う。

じゃが!

不可解なジャッジが続いた。イエローカードを乱発しすぎじゃないか。
言わば主審のおっさんの一人舞台に近い印象なのだ。
せっかくの好試合を、この決して冷静とは思えないおっさんがすっかり台無しにしたような、やな感じ。
そして最後には、FKを蹴る前にホイッスル?
なんとも後味のわるい幕切れであり、この試合を象徴するようなジャッジだよな。

これも試練のひとつかも知れないな。がんばれ、ザック&ジャパン!

"日豪戦・・・、不可解なジャッジ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント