テーマ:広島

なんと美しいカメラだ。

新年早々に、物欲をぐりぐりと押されました。 このカメラはかっこ良ろしーなあ、欲しいなあー。 富士フイルムX-Pro 1、海外のあちらこちらのサイトでは早くも「プアマンズライカ」という、誠に誇らしい称号がつけられているそうだ。 このカメラはミラーレス規格なので、レンズの沼もご用意されている。つまり交換レンズが楽しめるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳島神社に行った。

いよいよ今夜から、大河ドラマ「平清盛」が始まる。 予告編を見ると、絵づくりにセンスが感じられるし、期待していいかも?と思って、とりあえず予習をしてみた。 この本の作者はとんと存じ上げないが、いわゆる歴史学者ではなく文芸の作家らしい。だからわかりやすく、読みやすくと気を配られたそうだが、いやー、この時代の話はややこしいのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初春の、フリスク。

年が明けたのでちょうどキリがいいことだし、人類固有の文化的嗜好品のひとつであるところの煙草をやめた。 細かいことを言うと除夜の鐘がゴ~ンと鳴ったあとも、プカリプカリしていたのである。 そして寝て、起きて、それからは1本たりとも NON SMOKING である。 今のところ不思議なほどに、煙草を吸いたいと思わない。しかし、もーれつに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気な、にんにく。

キッチンのにんにくが芽を出した。 ごろごろと並んだ中から、たった一つが小さな芽をのぞかせたのである。 まあ、せっかくのなのでコップの底に綿を敷いて、その上に乗っていただき、水をかけた。 すると、すくすくの伸びるんですね。 さすがにんにく、元気なのだ。 現在およそ35cm、この調子でいったらどこまで伸びるのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の裏通り。

先月、神戸に行ってきた。 大丸の1Fにあるオープンカフェでエスプレッソを飲んだあと、ふと見上げると居留地の看板があった。 この街を、どこを撮っても絵になるよな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Olasonicを、聴いてみた。

このOlasonicは~薄型テレビつで高音質を楽しむためのスピーカー~ということなので、まず、液晶テレビにつないでみた。そしてテレビと一緒にスイッチオン! ・・・びっくりした。 画面の中で、誰かが書類をつかんでクシャッとしたら本当に目の前で「クシャ」という紙の音がした。 ドラマの中の色んな効果音が聞こえてくるのだ。ドアを開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Olasonicのモニターに当選した。

Olasonicというスピーカーがある。 小さいけれど音が良いという評価が高く、気になる存在だったのだが・・・。なんと試聴モニターのチャンスがやってきた。 「Olasonicを聴いてみよう!」“無償貸出キャンペーン”なのだ。 3機種を貸し出して下さるということだが、いずれも限定10台。 クジ運もジャンケンもまるで弱いわたしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダ・ン・シ・ガ・シ・ン・ダ。

またひとつ、昭和が終わちゃったな。 古典落語の立ち位置にいながらサブカルチャーまで出張って、勢いよくかき乱していたレアな才能の持ち主だったと思う。 言葉遊びの回文「談志が死んだ」を、そのままタイトルにした本が出たのは2002年。立川流の弟子たちを語り尽くした本だったが、それから9年を経て、そうか75歳かあ。 今頃はきっと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多に行ってきた。

火曜日に、博多へ行ってきた。 仕事が終わっても、そのまま帰る私ではない。あいにく日帰りなので長居はできないが、せめて一杯は博多で飲もうと思ったのだ。 例によって、極度のほーこーおんちなので駅の中をぐるぐるまわっていたら・・・、みどりの窓口あたりに空色のユニフォームを着た人が多い。 チケットを買うついでに行ってみたら、これだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば、ペトロビッチ監督。

今朝、新聞を読んでガク然とした。 ペトロビッチ監督が今シーズンで退任・・・! 彼が就任した頃、チームは頭でっかちの前監督のゆえか混迷し、チームカラーを見いだせない状況だった。そこへ、彼が就任して「人もボールも動く」という明快なテーマを掲げたのだった。 J2降格の時、佐藤寿人が選手たちに声をかけ、この監督と一緒にもう一度やろう!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリサ16歳、部活はラクロス!青春してます(はぁと)・・・みたいに。

トイレの香りについて、友人からアドバイスを受けた。 「うかつな洗浄剤より、シャンプーを数滴入れるといいんだよ」と彼は言った。なにごとも素直でありたいと思っているので、だあーとシャンプー液を便器に放り込んだ。 私がふだん使っているシャンプーは無香料の無骨なタイプなのだが、たまたまフレグランスたっぷりの試供品があったのだ。その結果が・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アケミ39歳、職業スナックのママよ・・・みたいな。

ココデカウという名の通販サイトがある。 文具系の品を探していて、たどりついたのだが、コクヨグループがやってるだけあって文具は充実している。さらに食品から生活雑貨、お酒(ただし東京都内限定)まで売ってるわけだ。 つい先日、販売規約が修正されてなんと1,000円以上のお買い上げで送料がタダになった。やるもんである。 そこで、つい手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ios5.0にしてみた。

わたしの愛機は、iPhone3Gだ。 ドコモから乗り換えてほぼ二年、iPhoneの魅力は言うまでもない。これまで携帯電話を手にして便利だと感じたことはあるが、楽しいと思ったことは今までなかった。 それがiPhoneはちがった。 手のひらの中でネットに接続できる利便性は、まあ、ドコモのガラケーでも体験したが一体どう考えたらこれほど使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松茸 from 庄原なのだった。

この秋、初めての松茸を食べた。 ぶ厚く切り分けたところを、炭火で焼いて、香りが出たところへカボスを絞ってぱくり。 旨い。 冷たい日本酒で口を洗って、香りを楽しみ、歯ごたえをいつくしむである。 とはいえ、ほんの2切れだ。 しかし、なんと500円なのだ! このところ人気が急上昇のスタンディングバー、八丁堀のINITY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の、マスターピース。

先週の話だが、「サマーウォーズ」を視た。 まだ夏の余韻がある夜だったので、この映画にふさわしい。 でかい入道雲、わらわらと揃った親戚たち、大勢で囲む食卓。 朝顔、風が吹きとおる畳の広間・・・。 私が子供の頃に体験した夏が、ここにある。 こいこい! クライマックスのシーンでは、私も一緒に花札のコール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中華丼のあり方、片かけタイプ。

「自分の常識は、他人の非常識」。 これは外交の局面にあって深く自覚しなければならないことである。そして、身近なシーンにおいても思わぬ常識あるいは非常識に出会うことは多い。その一つが・・・、 中華丼のアンを検証する、片かけの事例。 丼の片方にご飯を寄せて、その空間というか谷に向かって海老などの具が入ったアンをかけてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜のお散歩で、パチリ。

朝起きると晴れていたので、カメラを持ってお散歩した。 このニコンP7000はレンズが良く、決まるとコンデジとは思えない写真が撮れるらしい。その「決まると」というのがクセもので、つまり写りに当たり外れがあるということである。まあ、それも楽しみのひとつなのだ。 初秋らしく、高い空に向かってパチリ。なるほどなあ、よく写っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縮景園で、パチリ。

先日、新しいカメラを手に入れた。 ニコンP7000、コンパクトデジタルカメラである。ちょっと武骨なデザインが好ましく、大きめなサイズはかえって持ちやすい。ここ数日は雨続きだったので、家の中でコップやベランダの洗濯物なんかをパチリとやっていたのだが、今日はなんとか雨も止んだのでカメラと一緒に外へ出た。 行く先はもちろん、縮景園である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと、奥様!

ちょっと奥様、もう、聞いてくださる? 夕方にさるデパートの地下食料売り場、いわゆるデパ地下に行ったのである。野菜のコーナーに行ったとたんに、私はのけぞった。 ほうれん草¥348. あの、それって肉ですか? ここ数日は葉物がずいぶんと高騰しているというのは新聞で読んでいた。しかし、実際の売り場で、お買い物カゴを持って対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の、たまごっち。

1996年に新発売されると、いっきに全国的なブームになった「たまごっち」はご存じだろう。今でも新シリーズで出ていて、人気らしい。 さて、わたしが手にしたのはバンダイのそれではなく、タニタ製である。正確にはたまごっちではなく、タニタの活動量計「カロリズム」という。    *写真はメーカーのHPより この小さな、およそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの修行。

ピアノのお稽古本であるブルグミュラーを開いて、練習中の曲よりもえいっと先の先の曲を開いてみた。 ♪を読みつつ、あー来て、こー来て、タララン?タタタン? 今ひとつメロディが頭に湧いてこないのである。このあたりが無学であり無教養な哀しみである。 しかし、悪知恵はよく働くのだ。 「もしかしてYouTubeに映像があるんぢゃないか」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白島・碇神社で、茅の輪くぐり。

夏越の祭をご存じだろうか。 6月から7月にかけて神社で行われる祭礼のひとつだが、茅(かや)でつくった大きな輪を∞みたいに歩いてくぐると、夏を健やかに過ごし、飯も旨いし、商売は繁盛するし、ラブもなんとかなるかもという大変にありがたいものである。だから、さっそく行ってきた。 白島九軒町・碇神社である。 わたしはこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビルのおかげで、LIONに手が出せない。

Macの新しいOSが出た。 名前はOSX LIONである。前のバージョンはレパード(豹)で、こんどはライオン(獅子)へと大変にゴージャスなアップグレードである。 最大の特長はマルチタッチで、言ってみりゃあiPhoneやiPadみたいな感覚で操作できるらしいのだ。わたしはおっちょこちょいなので、アプリケーションのアップグレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう!なでしこJAPAN!

まさに激闘でした。 ドドドッーと地響きを立て迫ってくるアメリカ選手を相手に、なんと小さい日本の選手たち。それが延長戦まで持ち込みました。 いったい誰がこれを予想したことでしょう。初めてのワールドカップ決勝戦、しかも相手は過去に勝ったことのないアメリカです。それをドローにまで戦い抜いたのです。 サッカーのPK戦は、これはもうクジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッフィーに、会ってきた。

自転車に乗って図書館へ行ったら、ひろしま美術館は今日から特別展だった。 「ゴーゴー・ミッフィー展」である。 もちろん拝観してまいりましたともさ。わたしは、ひろしま美術館・マロニエカードという魔法の札を持っているので、いつでも、特別展でも常設展でも、なんかいでも入館できる(もちろん年会費は必要である)。 原作者ディック・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めいわくな、汽車ぽっぽ。

幼い子ども達が、ロープを輪にして遊んでる汽車ぽっぽ~♪ これは大変に微笑ましいものである。 しかし、大のおっさんが5人も6人も塊になってランチタイムの街を汽車ぽっぽでうろつくのは、困りものである。 先日、お昼前のまだ誰もいないお好み焼き屋さんに入ったのだ。すると、お店の方が「ごめん、鉄板前のカウンターは5人様のご予約なんよ」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらばシリーズ第二弾、MD。

なにか続く時は、続くもので、今度はMDがおさらばになった。 MDことミニディスクは1992年に誕生したというから、もう20年近い。この規格を開発したソニーでは、従来のMDよりも高音質であるHi-MDディスクおよびHi-MDウォークマンの出荷を終了するという。 ソニーの製品情報を見てみると、MD規格のウォークマンはHi-M…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PENTAXに幸あれ。

ニュースによると、「HOYAがPENTAXのデジタルカメラ部門を新会社として切り離し、リコーへ譲渡する」ことになったそうだ。 PENTAXユーザーの私に、なぜ、このような苦難が再び! これは今、お気に入りのPENTAX K-rだ。レンズのフォクトレンダーAPO-LANTHAR90mmとの相性も良い。 ふりかえれば今から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路面電車について。

子供の頃から、路面電車が好きだ。 毎朝、白島線というわずか1キロメートルちょっとの路線に乗るのが楽しい。 通勤時間であっても満員になることはめったになく、そのせいか、この路線を走るのは古い車体ばかりである。たまに宇品線とか、宮島線に乗ると、それはもう近代的な車体になる。 そう言えば、路面電車が今でも走ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドキドキの郵便箱。

Macを愛用しているので、とうぜん携帯電話はiPhoneにしている。 キャリアの問題はさておき、アプリの楽しさはライバル陣営などはるか及ぶところではないと思う。 それでね、親切なことに新着アプリの中からユニークだったり、面白いものを紹介してくださるサイトがあり、ときおり、のぞいいてはダウンロードしている。 まさに玉石混交で、ずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more