テーマ:小説

「あんじゅう」を読んだ。

最近、本を読んでも文字が頭のなかに入ってこない。 途中で読むのをやめてしまうのは、しょちゅうである。 もしかして、私はアホウになってしまったのか・・・と、不安であった。 しかし、そんな心配はこの一冊でふきとんだ。 宮部みゆき、「あんじゅう」。 最初のページから、語り手の世界に引き込まれる。 心地良い言葉のリズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有川浩、「シアター!」。

今、もっとも楽しみにしている作家である有川浩の「シアター!」を読んだ。 小気味のよい会話、人のイヤな面も素晴らしい面も隠すところなく書ききってしまう勇気と筆力。 この作家は旺盛な好奇心と感度の良いアンテナを持ち、取材というかどこへでも飛び込み、自分が面白いと感じたことを、人に伝えたいと真剣に書いていく。そんなまっすぐな気持ちがいいんだよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more