アクセスカウンタ

<<  2012年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


さようなら、新藤兼人さん。

2012/05/30 20:36
ほろ酔いで家に帰ったら、訃報であった。

この日曜まで、広島市の中央図書館では「新藤兼人 百年の軌跡」という展示を行なっていた。
小さなロビー展だったけど、彼はちょっと驚くほどの多作であり、ひりひりするほど真剣に映画を愛し、作り続けた方である・・・そのことが深く感じられたのである。

彼は著書も多く、その中で名バイプレイヤーであった殿山泰司をテーマにした一冊を借りてみた。
タイちゃん(殿山泰司)の生を誠に愛情深く語りつつ、同時にこの本は新藤監督の創作編年歴にもなっており、興味深く読んだばかりだった。

明日からいろんな業界人はいろんなことをヌカすだろうが、これほど映画に向き合っている人が今いるのだろうか。
ましてや県知事や市長が、今さらのように広島の誇りとかヌカさないで欲しいと思う。

さようなら、新藤兼人さん。
あなたはあなたを愛する人たちの心に、いつまでも映写機をまわし続けることでしょう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジャスミンの森。

2012/05/15 21:12

花の香りには、わりと敏感であると思う。
先日、打ち合わせ先の事務所で開け放った窓からなにか花の香りがやって来る。これはえーと、十字の白い花で、中国茶の香りにもなっていて・・・、その時は名前を思い出せなかった。

その翌日、朝のお散歩の途中で再びその花の香りに出会った。
ああ、これこれ!
道の四つ角をまわったところで、どーんと!

画像


あはは。
こんなにでっかいジャスミンに会いましたよ!
もう、ジャスミンの森ですね。
おおよそWベッドを、ぐいっと起こしたぐらいの大きさです。

おまけ。
ひろしま美術館の庭に、マロニエの花が咲きました。

画像


この花はむつこいでしょー、もう、パリの街角にこってりと漂う女たちのフレグランスを思い出します。
こうして5月の花が咲きそろい、香りを解き放ち、たくましい新緑の季節になっていくんだなあ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黒Tに、旨い店なし。

2012/05/12 18:26
あの店が旨いとか、そこの料理が気に入ったとか、人に勧められるとつい行ってしまう。たいていの場合、私をそそのかした方には正座していただき小一時間は問い詰めたくなることが多い。まあ、とりあえずはランチで試すから被害甚大というわけじゃないけどさ。
先日も、コスパが高い!気さくな店員さん!という噂を耳にして並木通りのある店に行ったんだ。うへー、残念でしたよ。

どー不味いか、どこの店かは言わないけど、あらためて私なりのデンジャラス・サインを再確認したのである。
それは、「スタッフが揃いの黒いTシャツを着ている店に、およそ旨い店なし」というものである。
もちろん例外はあるし、不味い店だがスタッフのTシャツは白だったということもある。だが、思い出して二度と行きたくない店の多くが「黒いTシャツ」なのだ。なぜなんだろう。こんど黒Tの店に行って、不味いメニューにゲンナリしながら理由を探求してみようと思う。

なお、「黒ゴマ担々麺に、旨いものなし。」というテーマもある。これもいつか考えてみたい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2012年5月のブログ記事  >> 

トップへ

海のにちようび 2012年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる